青汁を色々なアレンジで摂る

最近の青汁はそのまま水に溶かして飲んでもおいしいですが、抹茶のようなその味はアレンジもしやすいです。

一番手軽でお気に入りのアレンジ方法は、豆乳に混ぜることです。

一緒にはちみつを入れてもおいしいです。

さらにきなこも混ぜると香ばしい香りになり、お腹満足感もアップして朝にはちょうど良いです。

飲む以外のアレンジもよくします。

トーストにマーガリンを塗った後に青汁粉末をふりかけます。

砂糖も少し足すと甘みも加わりとても食べやすくおいしいです。

抹茶味のパンを食べるような感覚です。

お菓子やパンを作る時にも一緒に混ぜてしまいます。

青汁粉末を入れたクッキーは色も綺麗で見た目は抹茶クッキーです。

このように、甘いものに青汁粉末を加えることが多いのですが、単純に青汁をアレンジして摂りたいというだけではありません。

甘いお菓子は食べ過ぎると少し罪悪感があります。

しかし青汁は言わずと知れた健康食品です。

お菓子を食べているけどちゃんと栄養も摂れていると思えば、ちょっと食べ過ぎても許される気がします。

これはダイエット中の単なる気休めかもしれません。

逆にお菓子で青汁の栄養素が摂れると考えれば、おやつとしては最適なのではないかと思います。

色々な方法で青汁を摂ることで、ちょっとでも健康になればなと思います。

野菜不足を補う為に青汁を飲み始めました

約半年前から体質改善の為、青汁を飲み始めています。

ここ数年仕事が忙しくなっていて、つい手軽に食べられるインスタント食品やパン、コンビニの弁当などで食事を済ませてしまうことが多くなりました。

お金は入るので気軽に入れるお店で外食をする事も多いです。

こうなると普段から出来るだけ野菜を多く摂るようにメニューも意識しないといけないのですが、中々それが出来ず食べたいものばかり食べるようになってしまっています。

そんな中体重も増え、何よりスタイルが崩れてきた事がきっかけで、野菜を多く摂り適度な運動をしようと思ったのです。

野菜を多く摂るにはやはり自炊中心で頑張りたいところですが、中々忙しいので青汁を摂り入れることに決めました。

実際今飲んでいる青汁は緑黄色野菜が中心のものなので、他の野菜に関しては自炊で補っています。

以前よりも大分野菜が多い食生活にはなっているので身体が軽かったり体調が良いです。

今後も当分忙しい仕事は続くので、手軽に摂れる青汁は継続していきたいなと思っています。

最近の青汁は昔の青汁のように青臭くてとても飲みたくないというものでは決してないのでありがたいです。

また、青汁も各社様々な商品があるので色んなものを飲み比べてお気に入りを見つけたいと思っています。