青汁を飲んで美肌になろう

一時期、お肌が最悪のコンディションになっていました。

ニキビ、くすみ、目の下のクマ、シミ、シワなどが併発してしまい、本当に年齢以上に老けて見えてしまっていたものです。

その原因は明らかで、きちんとした食生活を送ってこなかったからに他なりません。

そこで、一度、体をリセットするためにも、そしてこれ以上の老化を食い止めるためにも、何か体に良いモノを摂らなければならないと考えたわけであります。

で、私が取り入れた「何か体に良いモノ」がずばり青汁だったのです。

最初のうちは、それほど大きな変化があったわけではないのですが、飲み始めてから2か月が経とうとする頃には、周りから「最近顔色が良くなってきたね」とか「何か良い事あったんじゃない」みたいな事をしょっちゅう言われるようになったのです。

言われてみると、確かにお肌の調子が良くて、少し若返った感じがします。

さて、実は青汁を飲み始める前に、スマホで自分の顔のアップ写真を撮っていたのですが、それと今とを比べてみると、一目瞭然。

まるで別人のような変わりっぷりで、改めて、青汁を飲んできて良かったと思っております。

ですから皆さんも美肌のために、日頃から青汁を摂取してみてはいかがでしょうか。

その際には、ビフォーアフターを確認できるよう、スマホで顔写真を撮っておくことをお勧めします。

青汁をホットケーキに入れる方法

青汁の健康効果が広く知られるようになってくると、青汁が苦くて飲めないと諦めていた人達も、どうにか美味しく摂取する方法がないか探すようになります。

最近では、青汁を摂取する為のレシピも非常に増えており、ジュースなどに混ぜて飲むドリンクとして飲んでいく方法だけでなく、青汁を粉末の状態で料理にトッピングしていく対策が多くあります。

その1つでとても簡単なのが、ホットケーキに入れてしまう方法です。

ホットケーキミックスと卵、そして牛乳と一緒に混ぜるのですが、その段階で青汁の粉末を入れるのです。

緑色の生地が出来て、それを焼くと抹茶ケーキのような仕上がりになります。

しかし、食べてみると青汁の独特の野菜の苦みや風味は大幅に抑えられており、少し苦めのケーキであり、卵の味と甘い風味がミックスして非常に食べやすいのです。

そして、抹茶ゼリーとして寒天に青汁の粉末をトッピングする方法であったり、プリンの中に青汁を入れる方法などもあります。

基本的に乳製品の中に青汁の粉末を入れると、苦み成分が大きく抑えられ、スイーツの甘味料がある程度配合されれば、美味しく青汁を摂取できるようになります。

このように、自分なりにアレンジした青汁の摂取方法を考慮し、楽しく健康効果を維持していく事が有効となります。